2007年04月11日

ブランデー監督流出事件

またしてもP2Pでの流出事件です。

いつまで経ってもこういった事件が後を絶ちませんね。今回はプライベート動画・画像の他に、家計簿、住所録、仕事の機密書類といったものも全部流出しているようです。

ここまで流出してしまうと、ちょっとやそっとでは収集がつきません。ウイルスに感染したがために人生が狂ってしまうとは、まったく怖い世の中になったものです。

にほんブログ村  人気ブログ  日記ブログ
私としては、2ちゃんのスレを流し読みしつつ事態を見守っているわけですが、2ちゃんねらーの人たちの反応にも怖いものを感じます。いわゆる集団心理というやつでしょうが、結構ひどいことを平気で書き込んだりしてきます。

たしかに流出させてしまった方にも問題はあるわけですが、それにしても今回は同情的な意見が非常に少ないです。もっとも、同情的な事を書いたとしても、煽られているうちに余計に事態がややこしくなるわけですが…。

ただ、こういった雰囲気のスレをずーっと読んでいると、なんだか殺伐とした気分になってくるのは確かです。こんな人たちばっかりで、日本の将来は大丈夫か?とか、結構本気で思ったりしています。

そんなに人の不幸ばっかり追いかけないで、心温まるような話を作っていけばいいのに、とか思うわけですが、なかなかそういう流れにはならないようですね。これがネット社会の行きつく姿なんでしょうか?

にほんブログ村  人気ブログ  日記ブログ
posted by あら at 01:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。