2007年01月13日

2ちゃんねるが差し押さえ?

2ちゃんねるが差し押さえられるそうですね。毎日欠かさず2ちゃんを読んでいる私としては、これは重大ニュースです。

「2ch.net」ドメイン差し押さえ? by ITmedia

ユーザーショック…2ちゃんねる、再来週にも強制執行 by ZAKZAK

にほんブログ村  人気ブログ  日記ブログ

ひろゆき氏がどのくらい儲けているのかとか、財産をどこでどう管理しているのかとか、詳しいことは分からないわけですが、2ちゃんの規模を考えると相当の利権があるのは間違いがないところです。

被害者としては当然ここを狙っていくはずなのですが、これまでは無事に運営が続いて来ました。差押さえを画策した人は一人や二人じゃないはずですから、それなりに難しいことなんだろうな、とは思います。

例えば、壇弁護士の事務室によると、ドメインの差押さえなんてできないだろうという話ですが、個人的には頑張って差し押さえてもらいたいものだと思っています。

いや、上に書いたように、私は毎日2ちゃんを利用しているわけで、これがなくなったりするとそれなりに困ったりもするわけですが、代わりのものが出てくればそれはそれでいいのです。

そもそも、2ちゃんというのはちょっと流行り過ぎの感があります。いいタイミングでいい匿名掲示板システムを作ったというのはわかりますが、技術的にはそんなにアドバンテージがあるわけでもありません。

ここまで流行ったのは、人がいっぱい集まる所にはさらに人が集まるという現象によるものであって、他の掲示板システムよりも2ちゃんが格段に優れていたからではありません。こういった状況があまりにも長く続くと、技術の進歩という点ではマイナスなのではないかと思うわけです。

というか、来週とか再来週に突然2ちゃんがなくなったらどうなるか?という事を考えただけでわくわくしませんか?

例えば自動車業界で言えば、トヨタ車がある日突然なくなるようなもんです。ホンダとか日産なんかにとってみれば、これはもう願ってもないチャンスなわけです。

2ちゃんの独占度はトヨタなんかの比ではないので、それはもうぐっちゃぐちゃの状態になることが予想されます。で、そういった状況の中で、次世代のトップになるのがどういったシステムなのか?ここに非常に興味があります。

また、2ちゃんはある意味ひとつの文化なわけですが、この文化がどういった形で引き継がれるのかというもの注目です。現状でも板毎にある程度の住み分けが出来ているのですが、それはあくまでも2ちゃんの中の話。もう少し自然な形があるのではないかと前から思っていました。

なにはともあれ、2ちゃんの崩壊と共に掲示板の世界の再編が始まるわけです。これは是非見てみたいものです。

あ、でも、2ちゃんが競売にかけられて、それを楽天あたりが競り落とすっていう話も、それはそれで面白いかも。

にほんブログ村  人気ブログ  日記ブログ
posted by あら at 03:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。