2006年12月10日

一人麻雀練習機 1.35

一人麻雀練習機を1.35にバージョンアップしました。変更点としては、何切る?の結果画面に聴牌確率・和了確率を表示するようにしたことと、期待値計算のさいに一発を考慮するようにしたことです。

これで当初予定していた機能はほぼ実装出来たことになります。作り始めたのが2002年なので、実に4年もかかったことになります^^

にほんブログ村  人気ブログ  日記ブログ
次にやりたい事としては、何切る問題作りがあります。

普通の何切る問題では、牌姿を示して、これが正解、って言って終わりです。もちろんコメントがついていることはありますが、あくまでも定性的な評価しかしていません。つまり、一索を切ってタンヤオを確定させる方が、七萬を切って手広く構えるより得、といった感じです。

一人麻雀練習機の何切る機能を使えば、ここのところの判断が定量的に出来るようになります。四筒を切ったときの期待値は1421で、これは六萬を切った場合の981よりも何割高い、というレベルで評価が可能になるということです。

にほんブログ村  人気ブログ  日記ブログ
posted by あら at 11:12| フリーソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。